カードローンの申し込みから借り入れ(融資)返済まで

郵送は面倒!ネット申込みが早くて便利

カードローンやキャッシングの申し込みをネットを使わずに行う人もいますが、これは時間のロスになります。

なぜなら、ネット申込を使わなければ、書類を郵送しなければならないからです。 書類を郵送して相手方に届くまでしばらく待たなければならず、その間、契約手続きはストップすることになりますが、これは時間のロスにならないでしょうか? 一方、ネット申込みを使えば書類の郵送は必要なく、全てインターネット上で処理することができるのです。

書類のやり取りといえば本人確認書類や収入証明書などがありますが、それらも全てメールで送付することができます。

このようにネット申込みを使えば面倒さがなくなり、契約手続き完了がスピードアップします。

必要な書類は?収入証明書と本人確認

カードローンでお金を借りるときは、二つの必要書類を提出しなければなりません。

それは、収入証明書と本人確認です。 収入証明は、文字通り本人の収入状況を証明する書類のことで、源泉徴収票や確定申告書などがあります。 本人確認は、こちらも文字通り本人の身元を確認するための書類のことで、運転免許証やパスポートなどがあります。

カードローンでお金を借りるときは、基本的にこの二つの書類を用意する必要があります。 ただし、会社によっては本人確認書類の提出だけでよい場合があったりしますので、必ずしもいつも二つの書類を用意しなければならないとは限りません。

収入証明書を提出しなくても良くなる条件は、カードローン会社ごとによって異なります。

審査に落ちることってあるの?

カードローンの審査は誰でも通過できると思ってる人もいますが、そんなことはありません。

カードローン会社の定める基準や条件を満たせなければ、審査に落ちることもあります。 基準や条件は会社によって異なりますが、一般的には、収入、勤務先の規模、居住形態、信用情報などです。 こうした個人属性において著しく内容の悪い人は、会社の審査基準を満たすことができないので、審査に落ちてしまう可能性が高くなります。

例えば、収入に安定性がないこと、勤務先の規模が小さいこと、居住形態が持ち家じゃないこと、信用情報に事故登録がたくさんあることなどは、審査に落ちてしまう要因になります。 逆にいえば、こうした属性でどれも条件がよければ、審査に通る可能性が高くなります。

口座を持ってない!でもすぐ借入れできる方法

自分の口座を持っていないと、すぐに借入できないと思ってる人もいます。 しかし実際には、口座を持っていなくてもすぐに借入することはできます。

もちろん口座があれば、振込みキャッシングが使えますので、その点で融資スピードは早くなりますが、それ以外でもすぐ借入できる方法はあるのです。 例えば、インターネットで契約してATMで現金を受け取るという方法です。 この方法なら、口座不要でスピーディーな借入を行うことができます。 インターネット契約を使えば面倒な書類のやり取りを省略できますし、来店する必要もありません。

ATMに出向いて現金を下ろす必要はありますが、それでも契約が早く済めば即日で借入することができるのです。 このように、口座を持っていなくてもすぐに借入できる方法はあります。

返済はどこでどんな風にしたらいいの?

カードローンの返済はどこでどんな風にしたらいいのか? 初めてご利用になる方は不安に思うかもしれませんが、とても簡単です。

まずどこで返済するかという問題ですが、これは借りた会社の店舗窓口、専用ATM、コンビニATM、インターネット返済などがあります。 こうした種類の中から自分に合った方法を選んで、そこで返済を行うことができます。 次にどんな風に返済するかですが、これは3つの方法から選択することになります。 すなわち、一括払い、分割払い、リボ払いです。

一括払いは一回の返済で全てを完済させること、分割払いは返済回数を分割して返済すること、リボ払いは一定割合合額で返済する方法です。 カードローンの返済の仕方はこのようにいくつかの選択肢があります。

ページのトップへ戻る