主婦にピッタリ。カードローン選びのポイント

うわ!ピンチの時の為に持ってて安心。銀行口座

銀行口座は持っていなくても生活できますが、ピンチの時のことを考えれば持っていたほうが役に立ちます。

そのピンチとは、急な用事でまとまったお金が必要になるときです。 例えば、なりゆきで合コンに行くことになったとか、誰かに贈り物をすることになったとか、手持ちだけではどうにもならない高価なものを急に買わなければならなくなるときもあります。

こういうときに、銀行口座をもっておくと助かります。 なぜなら、銀行口座があると振込みキャッシングを利用することができるからです。 振込みキャッシングとは、借り入れしたお金をすぐに自分の口座に振り込んでもらうサービスのことです。

これを利用すると何日も待たされることなく、借り入れの申し込みをしたその日に現金を受け取ることができます。 このように、銀行口座は金銭的にピンチのときに役に立ってくれます。

まとまった金額を借りたい!気になる限度額

まとまった金額を借りたいと思っても、そう簡単に思い通りにならないのが借金です。

カードローンでもキャッシングでも、ここまでしか借りられないという限度額が設定されていますので、借り手はその範囲でしかお金を借りることができません。

この限度額は同じ会社から借りても人によって額が異なっており、ある人は300万円、ある人は400万円といった具合に一律ではありません。 したがって、人が500万円借りられたとしても、自分も同じように500万円借りられるとは限りません。

限度額は人によって異なりますので、借りるときにそれを確認しておかなければなりません。 この限度額はどのように設定されるかというと、借り手の収入状況によって決められます。 たくさんの収入がある人はそれだけ限度額も高くなりますが、収入が少ない人はそれに応じて限度額も少なくなります。

よって、希望通りのまとまった金額を借りたいのであれば、自分の収入を増やすしかありません。

一番気になる金利のこと

借金するときに最も気になるのは金利のことです。

なぜなら、金利は利息の額を決定し、利息は借金の返済に大きな影響を与えるからです。 借金したら元金だけでなく利息も支払わなければならないので、その金額がどのぐらいになるかを気にするのは当然のことです。

借金における金利を考えるときは、二つのポイントをチェックしておくことです。 一つは金利が借入先によって異なるということ、もう一つは金利が借りる金額によって変わるということです。 借入先にはさまざまなところがありますが、どこで借りるかによって金利が高くなったり安くなったりします。

また借りる金額と金利の関係では、安い金額を借りる場合は金利が高くなり、高い金額を借りる場合は金利が安くなります。

今すぐお金が必要!融資スピードで勝負

今すぐお金が必要だという場面においては、借入先は融資スピードで選ばなければなりません。 これは当たり前ですが、融資スピードが早くなければ今すぐお金を借りることができないからです。

では、融資スピードが早いところはどういうところでしょうか? まずその筆頭に挙げられるのは、消費者金融です。

消費者金融の特長は審査が厳しくないことですが、審査厳しくないということは、それだけ早く手続きが終わることを意味します。 そして手続きが早く終わるということは、早くお金が借りられるということでもあります。 ですから、融資スピードで勝負させれば、銀行よりも消費者金融のほうが上です。 さらに、消費者金融の中でも即日融資に対応しているところはさらに融資スピードが早くなります。

なぜなら、即日融資とは借入したいその日に融資してもらえるサービスのことだからです。 この点、即日融資ができる消費者金融を上回る融資スピードをもつところはありません。

もしかしてパートしてる?

もしかして・・正社員じゃなくてパートしてる?

それだったらカードローンは利用できないよ。 こんなことを言われたことがあるという人もいるかもしれませんが、まったく気にする必要はありません。

なぜなら、正社員じゃないパートであっても、カードローンを利用することはできるからです。 カードローンといっても消費者金融と銀行がありますが、どちらであってもパートでも利用できます。

なぜなら、パートでも収入が安定していれば審査に通過できるからです。 今は銀行も消費者金融も、雇用形態よりも収入の安定性と継続性を重視していますので、どんな職業であっても収入が安定してればカードローンは利用できます。 なお、収入で大事なことは金額ではなく継続性です。

高収入でも継続性がなく安定性に欠いていれば、審査に落とされることもあります。 逆に低収入でも継続性があれば、審査に通る確率が高くなります。

ページのトップへ戻る