銀行カードローンを利用した人の体験談

幼稚園代が足りなくて借りた

子供の幼稚園代といえば簡単に聞こえますが、幼稚園によっては費用が高いところもあり、それが払えないという事態に追い込まれる人もいます。

そんなときはどうすればいいかというと、カードローンやキャッシングを利用することができます。 カードローンやキャッシングといえば消費者金融でおなじみですが、これを利用すれば幼稚園代を用立てることができます。

消費者金融といえば恐いイメージをもつ人もいるかもしれませんが、消費者金融やちゃんとした法律に従って運営する国に監督された企業ですから、ルールを守って利用すれば恐いことは何もありません。

ルールとは主に返済期日を守ることですが、期日を遅延させることなく返済していけば何も問題は起きません。

受験の入学金が足りず借りた

受験の入学金が足りず消費者金融から借りたという方もおられるかもしれません。 この話を聞くと、なるほどその方法があったかと思う人もいるかもしれませんが、早まってはなりません。

確かに、消費者金融から受験の入学金を借りることはできますが、初めて消費者金融を利用するときは慎重にならなければなりません。

なぜなら、消費者金融はどこを利用してもサービスが同じではないからです。 金利が高いところ、安いところ、審査が厳しいところ、優しいところ、会社的に信頼できるところ、できないところなど、いろいろなタイプの消費者金融があります。

とにかく借入ができればいいという考えだけで借りてしまうと、後で自分の首を絞めてしまうことにもなりかねないのが借入なので、消費者金融を利用する前に各社のサービス内容をよく比較しておくようにしてください。

高額の買い物をしてしまった

カードローンを利用したいと思ってる方は、次の点に注意してください。 それは、カードだからついつい高額の買い物をしてしまうということです。 利用限度額の範囲なら、そのカードを使っていくらでも買い物しても構わないのですが、借金をしている感覚を忘れてしまうほど買い物しすぎるのはよくありません。

それはいうまでもなく、返済額や利息の負担を大きくしてしまい、自分の生活を苦しくてしまうからです。 ではなぜカードの場合は高額の買い物をしてしまうのでしょうか? それは、カードなら手軽に早く借金ができるからです。

この利便性の良さが借金をしているという感覚を希薄にさせ、それによって金銭感覚が麻痺してしまうのです。 金銭感覚が麻痺するということは、自分の収入や経済力に合わない買い物をしてしまうということを意味しています。

生活費が足りず2万円借りた

今月少しだけ生活費が足りないので、借金しなければならないという状況になることもあるかもしれません。 そんなときは注意しながら借入を行っても構いませんが、次のことを考慮しておいてください。

それは、キャンペーンを利用すれば利息0円で借金ができるということです。 これは全ての貸金業者に当てはまるわけではありませんが、多くの貸金業者において無利息キャンペーンというものが実施されており、これを利用すれば無利息でお金を借りることができるのです。

借金のデメリットといえば利息がつくことですが、それが0円で借りられるというのは借り手としては喜ばしいことです。 無利息サービスの特徴は、決められた期間内で返済すれば利息が0円で済むというものですが、その期間内に収入が得られる見通しのある人は、ぜひこのサービスを活用しましょう。

引っ越しでお金が足りなくなった

引越しでお金が足りなくなったときは、どうすればいいのでしょうか? その場合、人から借りることもできず、貯金を切り崩すこともできないなら、金融業者から借りるしかありません。

引越し資金を金融業者から借りるときは、短期間の融資が前提ですから、それを行うのが得意な業者に申し込めば審査に通りやすくなります。 短期融資が得意な業者といえば、消費者金融です。

消費者金融は高金利を設定してくるところがデメリットですが、小口の短期融資なら得意です。 それだけ手続きの対応が早いということもありますが、それに加えて審査に通りやすいこともあります。

消費者金融では収入の安定性を審査基準の第一としていますが、それさえクリアしていればどんな人でも借りることができます。 短期融資における対応の速さと審査の通りやすさからいって、引越しでお金が足りなくなったときの借金は、銀行カードローンや消費者金融を利用するが一番でしょう。

ページのトップへ戻る